アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
社長の随想
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
為替戦争
為替戦争 1.円安を仕掛けた日本に対して、各国から徐々に反論が出始めている。先進国は現在どこでも日本と同じで、デフレと財政危機で喘いでいる。だから為替レートは国の存亡がかかっている。1月下旬にDC訪問を予定していた安倍さんに対して米国が忙しいとの理由でノーと言った背景にはTPPと通貨の問題がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/21 10:10
デフレの話
デフレ論議 1.デフレ議論でよく間違うのは、個々の商品価格と物価水準を混同している事だ。商品価格の低下と物価の低下が同じなら実質的な価値は不変だ。給料で買えるものは増加するから、デフレは消費者には好ましい事だ。過去10年間、消費者物価上昇率は殆どゼロで安定しているからデフレスパイラルは存在しない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/18 11:20
税制改悪金持ち優遇へ
金持ち優遇の税制改革 1.税制改正案が聞こえてきたが、考え方の基本が金持ち優遇の内容だ。贈与税の非課税で祖父母が孫1人に1500万円まで課税しない案だが、そのような大金を出せる高齢者は100人中2,3人だろう。非課税にしなくても既に孫にカネを使っているはずだ。教育に金持ちを優遇する事は、憲法26条にある「全ての国民は、等しく教育を受ける権利を有する」に違反する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/16 10:55
安倍内閣の方向
新内閣の課題 1.新内閣は次から次へと会議体を復活させて如何にも仕事をするようなふりをしている。政府主催の会議とは、単なる官僚作成の作文を承認する機関に過ぎない。指定された場所に着席すると、机の上に委員記名入りの資料が準備されている。座長の挨拶の後は、後ろに控えている作成元の官僚が説明する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/15 10:43
真実を知る努力
自虐史観の元凶(続き) 1.東京裁判が国際法に違反していたことは現在、意見はほぼ一致している。裁判の結果を日本はサンフランシスコ講和条約で受け入れたが、裁判自体は無効である。東大法学部横田喜三郎教授はこの裁判を「世界史における一つの金字塔」と絶讃した。そのために、横田先生は自虐史観の元凶となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/11 10:48
日本の歴史遺産
日本が残してきた歴史遺産     「アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去2000年の間、信じられてきたような不敗の神ではありえない事を、西洋人以外の人種に明らかにした事である」と、1956年に高名なトインビーが、日本が残してきた歴史の功績について述べている。戦争を美化する意図はないが、古代から戦争とは常に戦勝国にも敗戦国にも多くのメリットとデメリットを残すとともに、周囲にも様々な影響を及ぼしてきた。     ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/10 10:42
韓国新大統領の父
韓国新大統領の父 1.朴 正煕(1917年11月 - 1979年10月)は、韓民国の軍人、政治家だ。第5 - 9代大統領(在任:1963年 - 1979年)を務めた。1944年 日本陸軍士官学校卒業して、満州国軍中尉で終戦を迎えた。1963年8月に軍を退役し、大統領選に出馬した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/08 10:59
何が期待できるか
新内閣から何が期待できるか 1.日経平均が311以前の水準に戻った新年だが、素直には喜べない。株価を釣り上げているのは外資であり、国内状況が変わったわけではないからだ。むしろ金利が0.6%から0.85%までジワリと上がり、円安が進行しているので、電力ガスの値上げの方が気がかりだ。大新聞が権力べったりも気になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/07 10:53
名だけの中華思想
中華思想か阿Qか 1.阿Q正伝(あきゅうせいでん)は魯迅によって1921年から新聞に発表された長編小説だ。阿Qという近代中国の一庶民を主人公としている。ある村で、その日暮らしの日雇いの阿Qという男がいた。金も家もなく、女性にも縁がなく、字も読めず、容姿も不細工と いう存在で、村人からは馬鹿にされていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/04 11:52
派手な政策は必要ない
派手な事は慎め 1.読売をはじめNHKなど大マスコミが恥ずかしげもなく重厚な布陣などと安倍内 閣に大声援を送っている。直面する難問解 決へ意欲が伺われると賛辞の嵐だが、胃腸だけでなくオツムにも問題がありそうな内閣だ。いつ惨事に転換するか分からない。国際投機筋の買いで日経平均が異様に上昇して年を越した。有権者の7割は新聞テレビの報道を信じて、投票の意思決定をするそうだ。お上に支配されていた江戸時代からの日本人のモノの考え方が相変わらず続いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/02 10:26
孤愁サウダーデ
「サウダーデ」完結 1.文人モラエスは、元ポルトガル神戸総領事で晩年を妻の故郷徳島で過ごし、日本の風俗・習慣等を紹介する多くの著書を残した。故郷から遠く離れた徳島に移り住み、徳島を深く愛したモラエスの思いは何だったか。未完の小説「孤愁−サウダーデ−」の著者・新田次郎氏の次男で数学者の正彦氏が引き継いで完成させた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/31 11:40
アベノミックス
安倍のミックス 1.安倍のミックスのブレーンはエール大学教授の浜田宏一で、リフレ派と言われる経済学者だ。実業経験のない学者が振り回す空理空論だ。本来、インフレ目標というのは物価上昇の上限を定めたもので、安定している物価をわざわざインフレにする目標は経済原則に反しているから、海外では笑いの種にされている。それでも安倍首相が拘るのは7月の参議院選挙で敗北すると退陣を迫られるからだ。土建業から公共事業で票を買う事が主な狙いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/28 11:11
FBからLINEへ
FBからLINEへ 1.SNSユーザーの平均年令は、FBが42歳、TWが40歳に比べて、LINEは30歳と若い。LINEはスマホのアプリで電話がフリーとなり、しかも絵で表現できるから、言葉もいらないので、日本語以外でも意思疎通がある程度はできる。ただ、登録すると電話帳情報をすべてサイトに持っていかれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/25 10:53
正しい歴史認識
正しい歴史認識 1.「正しい歴史認識」とは、1910年8月の日韓併合は次期大統領の親父が言っているように、韓国側の要請に基づいて日本が応じた事を言う。とてもじゃないが割に合わないとして、これに反対していた伊藤博文総理は邪魔者として韓国側のテロリストに暗殺されてしまった。欧米側では、韓国のような貧しくて悲惨な国は日本に任せるといって承認したのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/21 10:12
自民党政権と言う でじゃびゅ
自民党政権というデジャビュ 1.来週26日に新内閣が発足する。人事の話がマスコミで紹介されているが、腹痛で政権を投げ出した総理に、漢字が読めないでバカにされた漫画男が復活するというから驚きを通り越して喜劇みたいだ。吉田茂と岸信介の孫たちというから、庶民の事などは念頭にないボンボン育ちだ。両落後者の復活で日本は大丈夫だろうか心配だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/20 10:36
民主党敗北の原因
民主党敗北の原因 1.前回の選挙と同じように予想以上に大差がつくのが今の選挙制度だ。だから自民党が待望されていると言うよりは、民主党が自滅したと言う事だ。民主党崩壊のきっかけは小澤問題に発する。結局無罪となったのだから、やはり霞が関の謀略であったことは否めない。政権交代で既得権益集団が最も恐慌をきたしたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/18 10:45
安倍内閣の誕生
安倍内閣の誕生 1.自民党が勝って安倍内閣の出現となった。投票率が60%にまで上がると、自民党単独過半数とはならないから、公明党との連立となるはずだった。それにしても投票率が低すぎた。結果的にはアホ馬鹿と言われてもしょうがない野田だ。自民党ができなかった増税に手をつけ、民主党を破壊した張本人だ。野田は社会保障と税の一体改革などと官僚の言葉を使うが、このような誤魔化しは通用しない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/17 10:28
投票日を控えて
投票日を控えて 1.石原と橋下は選挙で選出された役職を任期途中で投げ出した前科者だ。石原は衆議院議員と都知事、橋下は大阪府知事だ。マスコミ操作は上手だが、信用できない二人だ。東京は本社機能が集中しているから、何もしなくても豊かだったが、経済政策では石原は銀行を作っ て失敗した。橋下のブレーンは竹下平蔵という絶望だ。この二人からはまともな経済政策は出てこない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/12/15 10:41
47士
討ち入りの日 1. 今日14日は赤穂浪士の討ち入りの日だ。芝居や映画などでお馴染みの話を誰でもが知っている。さまざまな場面は殆ど創作であり史実とは程遠いことも知っておくべきだ。それだからといって、芝居の価値が減るものではない。日本人の心にしみる名作には間違いはない。歴史は殆ど後に創作されている事も知るべきだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/14 10:46
原発と向き合う
原発と向き合う 1.この世界にリスクがゼロなどというものは存在しない。リスクは左右対称で、チャンスともなりうる。好機チャンスを掴むためには危険リスクを伴うのは当然だ。ただリスクを極限にまでゼロにすることは可 能だ。頭から原発を否定するのではなくて、どこまでも危険度をゼロに近付けることは可能だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/11 11:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

社長の随想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる