社長の随想

アクセスカウンタ

zoom RSS 何が期待できるか

<<   作成日時 : 2013/01/07 10:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新内閣から何が期待できるか
1.日経平均が311以前の水準に戻った新年だが、素直には喜べない。株価を釣り上げているのは外資であり、国内状況が変わったわけではないからだ。むしろ金利が0.6%から0.85%までジワリと上がり、円安が進行しているので、電力ガスの値上げの方が気がかりだ。大新聞が権力べったりも気になる。


2.新聞の「再始動、周到な布陣」、「首相は実務と理念両構え」、「重鎮と側近を要所に」などという見出しを見ていると、背中に寒気を催す。自民3役に女性2人などは7月の参院選挙対策と自ら言っているが、女性有権者をバカにした女性蔑視の表れだ。官僚主義が復活して、政策権限は党から内閣に移ったから女性でも誰でもいいのだ。


3.内閣官房参与に財務と外務の元次官と小泉の参謀飯島をおき、首相は神輿になっていればいいという布陣だ。官僚とマスコミを抑えて、既得権益重視へと政治が向かう事は明らかだ。海外からは「記者は役所の広報担当」とか「真実を伝えない日本の新聞」と批判されている。新聞はネットに押されて売れなくなり、部数拡大のためなら何でも言うこと聞く権力の犬となる。


4.日本の有権者の70%は大新聞とテレビの影響を受けて投票するそうだ。だから、選挙結果は新聞報道通りとなる。自民党が過半数と報道すれば、この党が原発容認と分かっていても、脱原発派まで自民党と書いてしまう不思議さだ。戦前も、戦中も、戦後も大新聞は権力と癒着していた。新聞不買運動でも起こす時だ。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何が期待できるか 社長の随想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる