社長の随想

アクセスカウンタ

zoom RSS 正しい歴史認識

<<   作成日時 : 2012/12/21 10:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

正しい歴史認識
1.「正しい歴史認識」とは、1910年8月の日韓併合は次期大統領の親父が言っているように、韓国側の要請に基づいて日本が応じた事を言う。とてもじゃないが割に合わないとして、これに反対していた伊藤博文総理は邪魔者として韓国側のテロリストに暗殺されてしまった。欧米側では、韓国のような貧しくて悲惨な国は日本に任せるといって承認したのだ。


2.併合後に日本は国内予算の3分の1にも匹敵するカネを使って、朝鮮半島全域にわたり、学校の建設、義務教育の普及、道路などのインフラ整備、上下水道の建設など半島の近代化に努めた。親父の大統領は「貧しい家だったが義務教育のお陰で勉強できた事に感謝する」と述べている。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/143.html


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正しい歴史認識 社長の随想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる